忍者ブログ
しんちゃん(Kuresu)のオンラインゲームプレイ日記。たまに他の話題も。
Admin | Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回の日記はネガティブなものになりますがご容赦を。

FF11をプレイしていてもちろん楽しい思い出もたくさんできましたが
中には嫌な思い出もありました。

そこで今回の追憶は
そんな嫌な思い出をいくつか上げたいと思います。



・初PTでの失敗
以前の日記でも何回か触れましたが
初の砂丘PTは大失敗でした。
詳しくは上記リンクを参考にしてもらうことにして、
この時のリーダーからはこっぴどく怒られましたが
初PTで上手に動けと言うほうが無理と言うもの。
まぁ連携の知識のないままPTに入ったのも間違いだったかもしれませんけどね。
皆が皆、厳しい人ではないとは思いますが
当時はすごく凹んだものです。

・外人からの連続テル
ある日、オズで落人の篭手を狙ってPOP地点で狩っていたのですが
いきなり遠くから外人さんから「なにやっているの」と英語でテルが(゜Д゜)
英語は分からない私はとりあえず無視していたのですが
ひっきりなしに「なにしているの」とのテル攻撃。
その後落人の篭手は諦めて帰還しようとオズを出てもなおテル攻撃。
今考えてみればこの方もオズで落人の篭手を狙いたかったんだろうなぁと思いましたが
さすがに見ず知らずの人に連続テルをするのはいかがなものかと思いましたよ・・・

・落ちる時間をめぐって怒られる
とあるレベル上げPTに入っていたときの事。
もうすぐ落ちなくちゃいけない時間になり、「あと30分で落ちます」と言ったところ
リーダーに怒られました。
曰く、「早く落ちるならサチコメにそのことを書いとけ」と言われました。
確かに短い時間じゃ長時間プレイしたかった人にはがっかりですし、
補充メンバーを探すにしろ、リーダーに負担をかけるのでその気持ちもわからなくはなかったですが
そんなことで文句を言われたのは想定外でして
以後サチコメには落ちる時間を書くようになりましたが
世の中、あなたみたいに長時間できる人ばかりじゃないんだよと言いたかったですね。
まぁ一番悪いのは私なんでしょうけどね。


今回の日記はこれで終わり。
次回の追憶があるとすればいい思い出なんかも語りたいものですが・・・
それはいつになるかは分からない(゜Д゜)

それでは次回の追憶をお楽しみに。

拍手[0回]

PR
今日は赤についての思い出語りです(*'-')

そもそもなんで赤を育てようと思ったのかというと・・・正直覚えていないw
私はこの手のゲームだと剣も魔法も使えるジョブを選ぶ傾向があるので
それで選んだのかなぁ。

初のPTはレベル10ぐらいでのグスゲン鉱山入り口の骨。
いまじゃGoVとかで狩る機会とかあるんですかね。
赤ということで当然回復を期待されていたわけですが
この当時はどうやって他人にケアルをかけていいかわからなかったので
PTメンバーにケアルをかけることができず、殴り赤で骨に特攻する始末。
それでもPTメンバーの方は理解してくれた(と思う)のですが
あの時はご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした・・・

レベル41になりリフレシュを取得すると世界観が変わりましたね。
それまでは回復弱体時々精霊というスタイルだったのですが
リフレシュ取得後はとにかくリフレ回しが中心。
48でヘイストを覚えるとそれに加えて前衛にヘイストと
とにかく忙しかったですね。

そんな中で弱体魔法スキルをどうやってあげるか?が課題でしたが
どうしたかというと・・・ディア1を連打して無理やり上げていましたw
(もちろん最初にかけるのはディア2でしたし、スロウとかパライズとかはいれてましたよ)
PTには迷惑極まりなかったでしょうが
当時はおなつよ以上でしか青字にならなかったのでやむをえなかったのです。

AFはソロで鍵取りをしたりLSメンバーと一緒にとでそろえました。
その中で一番大変だったのは要塞の箱開け。
何の因果か私がAFを取得したナ白黒赤は全て要塞での箱開けがあったのです。
正直、面倒なことこの上なかったですが、そこは根性で取得。
いまだとソロで魔防門とかあけられるのでうらやましい限りです。

そんなこんなでどうにか75まで上げた赤ですが
待っているのはメリポ稼ぎ。で、何のジョブで稼いだかというとやっぱり赤。
というかメリポPTにいく時は9割方赤でした。
前衛だと装備が整っていないので参加できなかったので
こういったら失礼になりますが赤だと比較的装備に左右されなかったので
参加の敷居が比較的低かったのです。

それ以降の話は前ブログの「パンデモハウスの日記2」をご覧ください。

これで今回の話は終わりです。
ジョブ話は出尽くしたので次回の話がネタがなくて困るなぁ。
まぁ、そのうちまた語ることも出てくることでしょう、多分。

それでは次回までごきげんよう(*'-')

拍手[0回]

久しぶりのFF11日記です。
今回はプロマシアミッション(PM)を振り返ってみたいと思います。

・楼閣の下に~母なる石
プロマシアの呪縛発売数日後に早速挑戦してみました。
さすがに当時は需要があったのですんなりとPTに。
ジョブは確か戦士だったと思います。
当時は狩人がもてはやされた時代でして
戦士で参加する時も光球を攻撃する時は射撃で攻撃する時代。
しかし射撃スキルがなかったので
しょうがないので両手斧でペチペチと光球を攻撃。
まぁボス戦では両手斧はそこそこ役に立った・・・と思いたい。

・隔たれし信仰
フルアラでいきました。ジョブは白で。
クリアはできましたが、道中半壊したりするなど中々大変だったと記憶しています。
スイッチとかの仕掛けはまるっきり分からなかったので主催者様にお任せ。
素人があれこれ言ってもしょうがないですしね・・・

・誓いの雄叫び
マメット戦です。
これ、当初はLSメンバーの主催で行く予定でしたが
決行当日その主催メンバーが現れないという緊急事態でいけませんでした。
それで数ヶ月止まっていたのですが・・・
ある日突然進めたいと思い、自分主催で行ってみることに。
肝心のマメットですが、これか中々の曲者でしたね。
全滅したの2回ぐらいだったかな?ようやくクリアできた時は感動しましたよ。
その後フレの手伝いで行った時は割とあっさりクリアできましたがw

・をとめの記憶
アットワ地溝でのNMに苦戦しました。
強さ的には大したことないんですが何回もHP回復されて倒せないという事態に。
そこに同目的のPTが現れたので一緒に倒しました。
その後の山登りはENM目的の人が登っているのを見たので
ストーカー行為でついていって達成。

・神を名乗りて
これも自分主催だったかな?
ディアボロス戦はとにかくナイトメアが厄介。
これのおかげで何回も半壊したりして大変でした。

・猛き者たちよ
応龍戦です。これはナイトで出陣。
このときに初めてウィルム族を生で見たのですが中々の迫力感でした。

・礼拝の意味
あんまり覚えていないw
でもクリアはしていたのでそんなに難しくはなかったのでしょう。

・願わくば闇よ
詳しくはこちらをどうぞ。


残念ながら進められたのはここまで。
本当はアル・タユまで進めたかったんですが引退・・・
まぁいろんなことがありましたがそれなりに楽しかったです。
でももう二度とやりたくないのも多かったミッションでしたがw

拍手[0回]

不定期に書かれる、思い出語りのコーナーです(*゜ー゜)

今回は白魔道士の思い出でも。

戦士で始めたFF11ですが
サポを取って始めたジョブが白でした。
回復能力のなかった戦士ですから白を始めたのですが
よくよく観察したらサポ白の戦士、あんまりいませんでしたね。
ほとんどの方がシーフかモンクだったと思います。
(ジラート発売前だったので当然ながら忍者や踊り子ありませんでした)

白はとりあえず13まで上げて戦士のサポにしたのですが
戦士のレベルが28になると見事にサポ割れw
しかしそんなのでも当時は誘われたものですから
いかに盾役が不足していたのかがわかりました。

その後、ナイト・黒のレベルが上がるにつれて白もちょこちょこ育ててはいたんですが
本格的に育て始めたのは黒のレベルが75になってからでした。
さすがに当時は白不足なのかPTに誘われることが多くて助かったのですが
どうしても我慢できないことがありました・・・

白AFのデザインが気に入らない。

後にセカンドのタルタルでも白を育てまして
この時はAFがすごく似合っていたのですが
ヒューム♂だとすごく似合わない・・・
特に頭装備が嫌で嫌でたまらなかったです。
今じゃ頭装備のグラをOFFにするコマンドがあるそうなのですが
昔はそんなのなかったのでいやいやながら装備していました。
バーミリオクロークやノーブルチュニックなんて手の届くはずのない装備ですから
白AF一式を装備していたわけですが
エラント一式が装備できる72(だったかな?)までは白AF。
今思うと良く我慢できたなぁと思います。

魔法で覚えるのに大変だったのがテレポですか。
まず取得クエが発生しないのには参りました。
クエが発生した後でも難易度が妙に高かったりして
結局ヨトとヴァズは競売で購入。
黒もそうですが白もクエ魔法は中々大変でしたね。

狩場で嫌いだったのがウルガラン山脈。
まずあそこは迷いやすい。それ以前に地図がない。タウルスのインスニみやぶりがある。
とはいえ、当時は高レベルの狩場と言えばウルガランかビビキーだったので
ウルガランだった時は内心嫌がりつつ行ったものです。
そしてウルガランはデーモンがよくリンクしたりして全滅することもしばしば。
今思うとなんであんなの狩っていたのかと思います。

・・・なんか今回は愚痴が多いですね・・・
見ていて不快に思った方、どうもすみません。

次回の追憶は多分赤魔道士の話になるかな?
期待しないで待っていてくださいw

拍手[0回]

※某フォロワーさんに誤解されたのですがすでに私はFF11を引退しています。
復帰予定もありません。これは過去の記憶を日記にしただけですので(*゜ー゜)

一ヶ月ぶりの日記です。

前回の追憶、調べたら4カ月前ですね。
・・・ってさぼりすぎですね。気をつけます(´_ゝ`)

ナイトメインな私でしたが
そんな私がなぜ黒を始めたのか・・・
過去の日記では横だま廃止後のナイトの動きを観察するためにと書いていますが
実はかなり前から黒を育てていたんですよ。
きっかけは・・・よく覚えていないけどw

当時の黒って精霊魔法による削りとケアル補助が主だった仕事と思いますが
やっぱり黒なら精霊魔法をどかーんと打ちたいじゃありませんか。
まぁそんなことしたらPTなら怒られますがw

黒を育てる上で苦労したのは魔法スキル上げとスクロールの購入代金の捻出ですね。

スキル上げは・・・
精霊魔法は黒として普通に動いていれば青字になりますが
暗黒魔法と弱体魔法は・・・とにかく大変。
弱体魔法はこっそりディアを連打してどうにか上げられますが
暗黒魔法はバイオとドレインしかないので大変。
どっちも消費MPが少なくないので気をつけながら打っていましたが
PTメンバーからしたら「レベル上げでなにしてんだよ」と思ったことでしょうね。
言い訳をさせてもらうと当時はソロでつよやとてと戦うなんて無理でしたから・・・
ごめんなさい。

スクロール代金は・・・
精霊魔法は古代魔法以外は安価で買えましたが
フレアだけはどうにも高くてどうしたかというと・・・ズヴァール城のデーモンを狩りました。
スキル上げをかねてのツアーを主催して、ドロップしたら主催者特権を発動してゲット。
(ツアー募集時に1つ目のフレアは主催者のものとは言いましたが)
後高かったのはスリプガ2。
これも競売での購入はあきらめてクエでのゲットを目指しました。
でもスリプガ2クエは発生させるまでが大変!
私も発生させるのにかなりの日数がかかりました。
NM退治は私にとっては初となるフルアラのリーダーとしていきました。
まぁNMに真っ先に殺されて全然役に立たなかったですがw

今回の日記はここまで。
次回は・・・あるとすれば白魔道士かな。
まぁぶっちゃけ白もあまり記憶には無いけどねw

拍手[0回]

プロフィール
HN:
しんちゃん(Kuresu)
性別:
男性
自己紹介:
Profile


Profile
管理人の他日記
パンデモハウスの日記2(更新終了)
旧FF11プレイ日記(更新終了)
Vana'naVi
FF11公式ブログパーツ
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
FF11お気に入りブログ
相互、無断リンク両方含みます。
もしリンクに不都合がありましたら
お手数ですがコメント等でご一報ください。
カテゴリー
最新CM
[08/19 いつかの暗黒騎士]
[08/19 いつかの暗黒騎士]
[11/16 NONAME]
[01/04 パミミ]
[04/05 ファリナセア]
最新TB
トラックバックピープル
権利表記
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

Copyright (C) 2002-2009 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Twitter

↓過去ログ見れます♪

バーコード
ブログ内検索
管理人へメール
人気記事ランキング
忍者ブログ [PR]

Designed by